溶接でお困りなら名古屋のB.W.W.へ! 仲間募集中!

query_builder 2023/06/22
ブログ
IMG_3285

今日は、どうしたのか?

なぜだか、本日2本目のブログ。。。。(°_°)


先程のブログの始まりにもあったように本日(2023/6/22)は雨です。

それも、わりとしっかりと降っている感じの雨です。


これから梅雨の時期となりますが、溶接には湿度が高いとね。。。

ということで、こちらもまたChatGPTさんにて解説していただきましょう!!

(これって、たまたまネタができたってことか.......!?笑笑)


ではでは、今回もまたよろしく!!


以下、ChatGPT

タイトル: 雨の日の湿度が高い時の溶接について

こんにちは、皆さん!今回のブログでは、雨の日や湿度の高い日における溶接作業についてお話しします。湿度の高い環境下での溶接は、いくつかの注意点があります。では早速、詳しく見ていきましょう。

  1. 環境の確認 湿度の高い日には、作業場の環境をしっかり確認しましょう。溶接作業には乾燥した環境が望ましいため、雨漏りや湿気のある場所では作業を行わないようにしましょう。屋内の場合は、十分な換気を確保し、湿度を下げるために扇風機や除湿機を利用することをおすすめします。


  2. 溶接機器の注意 湿度の高い日には、溶接機器にも注意が必要です。溶接機器は湿気に弱いため、しっかりと保管しておくことが重要です。作業前には、溶接機器の電源を入れる前に、湿度が低い環境でしばらく待つことで内部の結露を防ぐことができます。


  3. 電気の安全 湿度の高い日には、電気との相性にも注意が必要です。絶縁手袋や絶縁靴などの適切な保護具を着用し、電気の事故を防ぐようにしましょう。また、水や湿気の近くで溶接作業を行う場合には、絶対に注意が必要です。水と電気の組み合わせは非常に危険なので、水たまりや湿った場所での作業は避けましょう。

溶接材料の取り扱い

湿気の多い環境下では、溶接材料の保管にも注意が必要です。溶接棒やワイヤー、フラックスなどの材料は、湿気を吸収することがあります。湿った材料を使用すると、溶接時に不良な溶け込みや気泡の発生などの問題が生じる可能性があります。そのため、湿気を吸収しやすい材料は密閉容器に保管し、使用直前に乾燥炉やオーブンで適切に乾燥させることが重要です。

  1. 溶接作業の技術的な注意点 湿度の高い日に溶接を行う際には、技術的な注意点も考慮する必要があります。湿気が多い環境下では、アークの安定性が低下しやすくなるため、電流や溶接速度の調整が必要になる場合があります。また、溶接作業中に発生する蒸気やガスは、湿気と相まって有害な化学物質を生成することがあります。したがって、適切な換気を確保し、作業者の健康と安全を守るためにマスクや保護眼鏡の着用を徹底しましょう。

以上が、雨の日や湿度の高い日における溶接作業に関する注意点です。湿気の多い環境下では、溶接作業が難しくなることもありますが、適切な準備と注意を守ることで安全かつ高品質な溶接を行うことができます。作業前には環境の確認と準備を行い、必要な保護具を着用しましょう。

安全で成功した溶接作業をお楽しみください!ご質問や疑問がありましたら、お気軽にお聞かせください。


今日もありがとう!

本日もご安全に!!


これから一緒に成長してくれる「仲間」も募集中ですので

そちらもよろしくお願いいたします。笑



安心で、安全、確かな技術と知識を持ってお困りごとを解決していきます。


真面目で高品質、皆様と一緒に考え成長する、安心・安全・親切な溶接業者ならB.W.W.合同会社へ


〒463-0089

愛知県名古屋市守山区西川原町256

B.W.W.合同会社

tel:052-715-5952  fax:052-715-5953



NEW

  • 釣り愛好家必見!自作釣竿スタンドプロジェクト始動 お困り事なら名古屋のB.W.W.へ! 共に夢を叶える...

    query_builder 2023/09/22
  • "大胆な改造!壁に固定する大型送風機の製作プロジェクト"お困りごとなら名古屋のB.W.W. へ!

    query_builder 2023/09/21
  • 溶接でお困りなら名古屋のB.W.W.へ! 仲間募集中!

    query_builder 2023/06/22
  • 溶接でお困りなら名古屋のB.W.W.へ! 仲間募集中!

    query_builder 2023/06/22
  • 『製作もの』でお困りなら名古屋のB.W.W.へ! 仲間募集中!

    query_builder 2023/06/15

CATEGORY

ARCHIVE