TIG溶接なら名古屋のB.W.W.へ! 仲間募集中!

query_builder 2023/02/16
ブログ
IMG_1977

はい


とりあえず3日間の連続投稿!!

新記録!


やればできる!


前置きがテンション高め(!?)でしたが

今日も頑張って書いていきましょう!



さて、今日は何にしようか.....

(投稿することに重点を置いているのでお題がまだ.....)






実は今日はとても大忙しな日なんですー泣ー笑


昨日、あるお客様より連絡がありそこの加工場にて不具合が発生したとのこと。すぐに電話がかかってきたのですが、やはり緊急事態のためややテンション高め。


色々と情報を聞き、写真も見せてもらい対応策の検討。

そして材料の発注。


その材料が午前中に弊社に届く予定

からの加工

からの運搬

で、現地対応。。。。


なので今日は時間との戦い、、というか時間と共存(!?)



スクリーンショット 2023-02-16 8.31.02

特に写真は関係ないのですが。。。。


こんな感じで作図して製作してますよ。。。てきな

これは配管の製作図なのですが、配管の溶接といっても何パターンかありまして。。。


そもそも、溶接というのは「完全溶け込み溶接」というのが定義のようでして、これはどういうことかというと「2個以上の部材を熱や圧力をかけて接合部を一体化させる方法」(ちょっと短くしてますが、興味のある方はこちらをどうぞ

wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%B6%E6%8E%A5

JWES日本溶接協会

http://www.jwes.or.jp/jp/wh_weld/toha.html#:~:text=%E6%BA%B6%E6%8E%A5%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%20%2D%20%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%BA%B6%E6%8E%A5%E5%8D%94%E4%BC%9A%EF%BC%88JWES%EF%BC%89&text=%E6%9D%90%E6%96%99%E3%81%AB%E5%BF%9C%E3%81%98%E3%81%A6%E3%80%81%E6%8E%A5%E5%90%88,%E9%83%A8%E6%9D%90%E3%82%92%E6%8E%A5%E5%90%88%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%80%82&text=%E6%BA%B6%E6%8E%A5%E3%81%AF%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%8E%A5%E5%90%88%E3%81%AE,%E3%82%8D%E3%81%86%E6%8E%A5%E3%81%AB%E5%88%86%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%82


要するに配管の場合、「溶接部分において切った断面は残さずに溶接しましょう」

ということですね。


あれ?


なんかわかりづらい?



溶接が終わった後、溶接部の内側を見た時に配管または継手の端面が見えないようにしっかりと溶かしましょう。

これでわかるかな?


配管の場合、溶接技能試験においては裏波溶接が必須なんです。

というのもこの試験は溶接部分を規定の大きさに切り取って、配管の表側からと裏側から

機械で曲げてそこに割れがあると不合格なんですね。

ですので、当然なんですが裏波のないところは溶けて融合していないので簡単に割れてしまいます。


なので、裏波は必要なんです。

ですがこの裏波溶接がまた難しいんですよね。。。。


またまた話が。。。。


で、話を戻すと配管の溶接のパターンね。

ここで前置き長めの

・裏波溶接-1(裏まで溶接棒が入るように配管の間隔を開ける)

・裏波溶接-2(隙間はなしで接合部分を溶かす)

・裏波なし(接合部分を突き合わせてそこの線を消すみたいな感じ)


と、こんな感じでしょうか?


でね、公共工事とか重要な(特に溶接構造で溶接部に不具合があった場合、人命に関わってしまうようなもの)

溶接部分は検査業者がきて検査をするんですね。

それも、外側を見るだけ(VT試験といいます)ではなく、レントゲン(RT試験)で

溶接部の中を見て不具合がないか確認するんです。

(他にも溶接の試験方法はいくつかあるのですが、今回は配管ってことで。。)


で、溶接業者や元請によっては「配管は漏れていなければOK」のところもあるのですが

弊社の客先においては他の業者さんがそれをやっていて、溶接部より不具合があったので

じゃあ、それは回避しましょうということで裏波ありでしかも裏側までちょっとでるくらいしっかりと溶接する仕様になった訳です。


溶接といっても色々とあるんですよね。

くっついていたらいいだけではない、溶接のことならぜひご相談ください。(ちゃっかり宣伝)


連続の投稿でしたが、しっかり長めで最後までお付き合いいただきありがとうございました。




最近、一緒に成長してくれる「仲間」も募集中ですので

そちらもよろしくお願いいたします。笑



安心で、安全、確かな技術と知識を持ってお困りごとを解決していきます。


真面目で高品質、皆様と一緒に考え成長する、安心・安全・親切な溶接業者ならB.W.W.合同会社へ


〒463-0089

愛知県名古屋市守山区西川原町256

B.W.W.合同会社

tel:052-715-5952  fax:052-715-5953




NEW

  • 釣り愛好家必見!自作釣竿スタンドプロジェクト始動 お困り事なら名古屋のB.W.W.へ! 共に夢を叶える...

    query_builder 2023/09/22
  • "大胆な改造!壁に固定する大型送風機の製作プロジェクト"お困りごとなら名古屋のB.W.W. へ!

    query_builder 2023/09/21
  • 溶接でお困りなら名古屋のB.W.W.へ! 仲間募集中!

    query_builder 2023/06/22
  • 溶接でお困りなら名古屋のB.W.W.へ! 仲間募集中!

    query_builder 2023/06/22
  • 『製作もの』でお困りなら名古屋のB.W.W.へ! 仲間募集中!

    query_builder 2023/06/15

CATEGORY

ARCHIVE