ステンレス配管(パイプ)のTIG溶接 施工事例

query_builder 2021/07/01
ブログ
IMG_1187

ステンレス配管(パイプ)の製作施工のご依頼をいただきました。

先日お客様より「現場についているステンレスの配管に不具合があってポンプが回せなくて困っている。」とのご相談をいただきました。

原因は
・ステンレスの配管(パイプ)とポンプが合っていない事
・無理矢理、締め込んであること
・ポンプと上部の配管の位置関係が悪いこと
                    などでした。


そこでフレキシブル配管を間に入れて、その「ズレ」を吸収することとなりました。

そこから、現場の採寸を行い図面を製作して配管製作を行います。配管の製作はTIG溶接にて溶接欠陥等ないように、丁寧に行なっていきます。

溶接後の後処理として、焼け取りと「ウルトラ不動態皮膜」を形成してその後の溶接部の劣化を防ぐ処理を行なっていきました。

丁寧で高品質な溶接配管なら B.W.W. 合同会社へ


〒463-0089

愛知県名古屋市守山区西川原町256

B.W.W.合同会社

tel:052-715-5952  fax:052-715-5953

NEW

  • ステンレス配管穴あき 名古屋のすばやい緊急トラブル対応TIG溶接はこちら

    query_builder 2021/11/12
  • 溶接時のヒューム対策で効果のあるのは換気?フィルター?

    query_builder 2021/10/14
  • ステンレス薄板のTIG溶接/パルス使い分け

    query_builder 2021/10/11
  • 現場の溶接工が考えてみた「水道橋崩落事故」はなぜ起こったのか?

    query_builder 2021/10/04
  • 溶接電流の調整とガス切断の炎の調整(アセチレン・酸素)2

    query_builder 2021/09/30

CATEGORY

ARCHIVE